前へ
次へ

医療機関で定期的に視力検査を受けています

私は小学生の頃から視力が悪いので、いつもメガネで視力矯正しています。
近視だけではなく、強い乱視も入っているので、メガネを作るときは必ず医療機関を受診してしっかり検査を受けるようにしています。
強い乱視を矯正するためのメガネは、レンズの位置が少しずれただけでも目の疲れや頭痛に悩まされてしまいます。
そこで、定期的に医療機関でメガネが合っているかを確認してもらうようにしています。
もちろん、運転免許を更新する前にも眼科医院を受診して、視力検査を受けて今現在の視力を確認しています。
ちなみに、目の疲れが非常に気になるときは、かかりつけの眼科医院を受診して、目の状態に合った目薬を処方してもらいます。
ビタミンEなど目の疲れに効果が期待できる成分が配合された目薬を処方してもらえますし、市販の目薬を購入するよりも自分に合った目薬が手に入るので助かっています。
これからも大切な目を守るため、そして毎日快適に物を見るために、定期的に眼科医院を受診して先生に診てもらいたいと思っています。

電話設備とナースコールを一体化

神経の乱れ・痛みの緩和双方に効果のある治療ができます

患者さんのご期待を超える治療をお届け
ドクター同士お互いに協力しあうことで、より安心に治療を受けて頂ける環境を実現しております

海外での肝臓移植について|内閣府認証NPO法人難病患者支援の会

SGF投与治療によるテロメア改善
テロメア短縮抑制作用や伸長作用がある、SGF投与治療により老化を防止することも可能なので、健康な身体や若さを維持したいとお考えの方はぜひお問い合わせください。

Page Top